読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽射しのいい部屋

した事と行ったとこ

東京から動けない

f:id:bogmm:20170505231458j:image

地元の前職の先輩が東京に来たので、先輩ご希望のスカイツリータウンへ行ってきました。

こどもの日ということもあり、もう家族連れで大混雑。「超混んでると思いますけどここで大丈夫ですか?」と前置きしてたわたし自身びっくりの大混雑。

f:id:bogmm:20170505235121j:image

グッド!モーニングで依田さんが中継してたこいのぼりフェスティバル。よく晴れててこいのぼりも飲んでる人たちも気持ち良さそうだった。

 

f:id:bogmm:20170505235409j:image

ランチはソラマチ内の韓国料理屋さん妻家房。

夫が韓国料理嫌いで、結婚してからほとんど食べられてない韓国料理……うれしい……!(夫婦でことごとく好みが合わない)

 

 f:id:bogmm:20170505235754j:image

スカイツリータウンを出て、cafe oshiage SWITCHへ!

人気カフェなのか、座ったときに「今の時間帯は90分制です」と言われ驚く先輩。地元では言われないもんね。わたしは気づいたら慣れちゃってて、東京に来て1年経つんだなあと思ったよ。

 

お土産に、道後のお箸のお店で買った、わたしと夫の名前入りお箸をくださった。

結婚1周年のお祝いをもらった気分です。結婚祝いに友だちからもらったお箸があるので、交代で使おうと思います。ありがとうございました!

 

東京を離れない

義父から夫へ2度帰省の打診があるも、夫が2度とも断ったため、このGWは東京に留まっています。

お母さんに言ったら、大丈夫なのかと心配された。わたしだって大丈夫じゃないんじゃないかと心配さ……。

でも体感として、お盆より年末年始より、GWがいちばん人が動くから、そんなときにわざわざ帰省したくない気持ちはよく分かる。だから別の機会に向こうへ帰りなさい、ふたり揃って! とかるーく注意されちゃったので、別の機会に帰ることにします。

 

5/2、GWの前哨戦ディナー。

f:id:bogmm:20170504234050j:image

 

5/3、大学時代の先輩夫婦をお家に呼んで飲み会。引っ越して1年、やっと招待できました。

f:id:bogmm:20170504234132j:image

 

5/4、GWで唯一フリーの一日。夫は二日酔い。寝たいだけ寝て、夕飯はちゃんと作って、コーヒー淹れて劇場版パトレイバー2本立て。

f:id:bogmm:20170504234454j:image

 

赤青黄

先日、友人と3人東京の西と東と中央からTOHOシネマズシャンテに集まり、映画「ラ・ラ・ランド」を見に行きました。

ミュージカル映画は好きでも嫌いでもなく進んでは見ないけれど、歌も踊りも衣装も素敵で楽しく見られました。

最近イタリア映画、フランス映画と見てきたから、アメリカ映画らしさがより一層感じられた気がする。

 

f:id:bogmm:20170430233530j:image

待ち合わせの前に夕飯がてら、珈琲館 紅鹿舎でピザトースト食べてました。

サクサクよりもっちり好きなので好みのピザトーストです。

この間友人Cはドトールに居たらしい。誘えばよかった。

 

ユーリ!!! on ICE イベント参戦メモ

f:id:bogmm:20170429224615j:image

f:id:bogmm:20170429224618j:image

TVアニメ・ユーリ!!! on ICEのイベント「ユーリ!!! on STAGE」夜の部のチケット当選したので、舞浜アンフィシアターまで行ってきました!!!

イベントの詳細をよく調べないまま参戦したのですが、完全なる声優イベントでした。上映会に声優が来るとかはあったけど、がっつり声優イベントに参加したのは今回が初めて。

こういうイベントは女子同士誘い合わせて来る人が多いようで、男性はほとんどいませんでした。女性人気高いアニメだしそうだよね。

 

イベントに来た声優は、男子スケーター+西郡役の方たちでした(JJ、オタベック、ミッキーはVTR参加)。

久保ミツロウ先生も来ていました! 司会はお笑いコンビのアメリカザリガニ久保ミツロウは本当によくしゃべれる漫画家だなあ。

 

プログラムは5つあったのでそれぞれ覚えてる限りメモと感想を。夏に映像化されるけど。声優の名前書くのは面倒……なのでキャラ名でいきます。

 

1.各声優お気に入りのシーン紹介

ギオルギー司会・久保ミツロウコメンテーターで、声優は3チームに分けられ順に登場。

・ただただ可愛いチーム:グァンホン、レオ、南くん、クリス(出落ち)

・唯我独尊! マイペースチーム:ヴィクトル、ピチット、エミル

・ギャップにキュン! チーム:勇利、ユーリ、スンギル、西郡

 

各声優お気に入りのシーンは以下の通り。

勇利:第3滑走ショートの冒頭「この踊りは誰のため?」女性になりきってるシーン

ヴィクトル:「マッカチン、留守番頼んだよ。お饅頭盗み食いしちゃダメだからね」マッカチンと絡むシーンが好きだったとのこと

ユーリ:カツ丼ピロシキを勇利に渡すシーン

クリス:中国大会ショートプロの尻。脚本のト書きに「水とセックス」とあったとのこと

ピチット:「結婚おめでとー!!」世界中のみんなの気持ちを代弁できたとのこと

レオ:中国大会前夜グァンホンとの屋台での絡みシーン。素を見せてる感じが良いとのこと

グァンホン:「SNS全部やめて練習する」

南くん:「先生見とったね!?」と勇利のエロスの魅力を語るシーン

エミル:「ふぅ疲れたー」フリーでジャンプ失敗するシーン

スンギル:落涙シーン。脚本にセリフはなかったけど、ぜひ入れて欲しいと進言して息づかいを入れたとのこと

西郡:ゆうちゃん出産に立ち会おうと病院へ急ぐシーン(そんなシーンはない)。走りながらアクセル・ルッツ・ループを飛んだことが三つ子の名前の由来であるとのこと(そんなシーンはない)

 

2.ロシア人にロシア語でセリフを朗読してもらい、どのシーンか当てるクイズ

実際にロシア人が来ててびっくり。クイズは全員答えが分かりながら答えず大喜利大会へ突入。

声優は本当によくボケて、司会のアメリカザリガニがすごい拾う。ピチットがすごいボケる。アメリカザリガニ「賢章(ピチットの声優)は子どもの頃から知ってるけど、ほんとにもう……! 後で説教や!」

中だるみなく延々続くボケとツッコミの応酬。とても面白かったです。

VTR参加のJJ・オタベック・ミッキーはここで登場(だったと思う。JJ以外記憶が曖昧。JJはさすがに忘れられない)。

 

3.生アフレコ

これがいちばん感動しました。目の前で声優が絵にセリフを完璧に充てている。やっぱり声優は選ばれし人がなっているんだな……と思いました。

勇利・ユーリ・ヴィクトルのアフレコのとき、ステージの真ん中からリンクがせり上がってきて、ユーリのスケートシーンの作画モデルになった女性スケーターが登場。曲に合わせてステップを披露してて、その後ろで生アフレコ。なんて豪華なステージなんだ!

 

4.イベントオリジナル脚本の朗読劇

「温泉onICE in長谷津 ヴィクトルwithフレンズ」というタイトルだった気がする。アイスショーの前夜みんなで宴会をした翌朝ヴィクトルが消えていて、いろいろあって長谷津キャッスルの屋根の上にいましたというストーリー。

「ヴィクトル……しよ……」というセリフを酔った勇利に言わせたあたり、完全に腐女子狙いでさすがにちょっと引いた。いや腐女子狙うのが悪いのではない。ホモを嫌悪しているわけでもないし、「スポーツものとホモが同居するのはよくあるし、ユーリオンアイスはホモでしょ」と夫が言うくらいホモなんだと認識した上でアニメも見てるから、ホモなのは別に良い。ただ生で聞かされると非常に恥ずかしかった。

勇利とヴィクトルが喧嘩→ピチット「離婚!?」→仲直り→ピチット「再婚おめでとー!!」のセリフは、ピチットくんの純粋な気持ちがかわいいからOK!

久保ミツロウが「昼の部では阿鼻叫喚でした」と言っていたけれど、夜の部はそれほど阿鼻叫喚でもなかったような。

トーリーはともかく、セリフの掛け合いが絶妙で面白かったです。声優はやっぱりすごい!!

 

5.ED曲のライブ

ギオルギーの声優がED歌ってたのをここで初めて知りました。知らなかった自分に驚いた。

 

イベント参加者全員が観客に挨拶し退場した後で、画面に特報が映る。

ユーリ!!! on ICE 完全新作劇場版制作決定! 俺たちは立ち止まれない!!!!」

おめでとう!!!!!

これを楽しみに生きていきます!!!!!

一度も歓声を上げなかったわたし、この特報みて「わー!!」と叫んでました。わーい!

 

 

イベント開始は19:00、終わったのは21:30でした。ほとんど声出してもないのに終盤あたりからもうフラフラで、終わった後は疲れたときに手のひらに出る蕁麻疹が出ちゃっててびっくり。声優イベントって体力使うのね……。

まあこれも息つく暇もなく楽しませてもらった証拠です。本当に楽しいイベントでした。

劇場でまた勇利たちに会うのを楽しみにしています。

 

2017年春アニメ中間報告※ネタバレあり

見ているアニメが3話まで出揃ったのでメモ。好きな順に並べてます。

 

有頂天家族2』

森見登美彦原作だから見ようということで、リアルタイムで全然捕捉してなかった1期を見て予習。原作は未読。

京都を舞台に、"人間と天狗と狸の三つ巴"を矢三郎という狸の視点から描いた作品です。1話から最高のワクワク感で、2期もそれは変わらず。京都実在の場所がいろいろ出てきて、京都好きなので尚楽しめて良い! 地図を見ていると主に鴨川沿いの場所が描かれている印象。

1期は狸がメインで、今回の2期は天狗がメインになりそうな感じ。1・2話は弁天が出てこなくて少し寂しかったけど、3話でおかえりなさい! やっぱりこの方がいて締まるお話だなあと思いました。

 

正解するカド

1話での掴みバッチリなオリジナルストーリーのSFアニメ。

突如出現した巨大なカド、カドの中から現れた異邦人(ヒトなのか?)、無限に電力を供給できるワム……などなど3話までにたくさんの謎が提示されて目が離せない。

ワムが出てきたのを見たときいちばんに「戦争が起きる……」と思った。ノーリスクで扱える無限のエネルギー源が実際に出てきたらどうする? なんて恐すぎて一生考えたくない問題であります。

 

覆面系ノイズ

 少女漫画が原作。作者の福山リョウコはデビューから「モノクロ少年少女」までは追いかけていたので、この方の漫画がついにアニメになったかー! と驚いた。高校・大学の頃は福山リョウコの漫画が好きだったのだけど、漫画の見せ方やノリが合わなくなって読むのをやめてしまったので、覆面系ノイズは未読。けれど初の長期連載である「悩殺ジャンキー」から既に独自の漫画スタイルが確立されているのがすごいと思い、ずっと応援している漫画家だったので、今回アニメ化されてうれしい!

バンド、眼帯、マスク、屋上で雨に打たれる、突然歌い出す、などなどもういろいろ、この歳では平常心で見ていられない要素が多くいたたまれなくなることもあるけれど、

バンドのお話ということで音楽に力を入れているのが伝わってくるのでそれで充分見られる。OPもEDも好き。ユズがかわいい!

主人公ニノの"人を惹きつける声"にアニメで説得力を持たせられるのかと疑問に思う。3話で歌い方を変えてきたので、歌声に関しては今後に期待です。

 

サクラクエスト

 P.A.WORKSのお仕事系アニメ第三弾という位置付け。「花咲くいろは」も「SHIROBAKO」も見てないけど……。夫がSHIROBAKOを見て面白かったので今回も見ようと勧められました。「秋田が全国で10番目に、人口が100万人を割った県になったという事実を踏まえて、このアニメを見ましょう」とも言われた。※秋田が舞台のアニメではないです。

田舎の町おこしのお話。3話まで見て、これだから田舎は嫌なんだと思わされる要素満載。田舎出身で今東京に住んでる身としては、主人公の言う「東京には何でもある」に含まれる気持ちが分かるような気がする。実際住んでみると、東京じゃなきゃいけない理由はないなと思ったけれど。でも田舎じゃダメな理由はたくさんあるんだよ……。

かわいくて若い女の子たちが5人集まれば、ネットが普及してるこのご時世町おこしなんて余裕では? と思ってしまった町おこしシロウトです。がんばれ町おこし。

 

カブキブ!

歌舞伎を扱った話ということで興味を持って見始めました。歌舞伎が大好きな主人公が、高校の部活で歌舞伎上演を目指すお話。

3話まで見て重要なことに気付いたんだけど、わたしが見たいのはプロの歌舞伎役者たちの日常や苦労を描いたものであって、高校生の部活ではないのであった。まずもって主人公に興味が持てない。梨園の御曹司が同じ高校にいるんだけど、そっちの話の方がよっぽど興味ある。

高校生の部活モノは決して嫌いではないけれど、それを歌舞伎でされてもな……と思ってしまいました。プロ野球の話には興味ないけど野球部の話には興味があります、そしてその逆もあるのね……という発見。楽しんで歌舞伎の知識が付けられるという点では良いのだけれど。

ここまでは自分の問題の話であってアニメへの文句ではありません。でもひとつだけ文句があって、それは歌舞伎の迫力がアニメで全く伝わってこなかったこと。これは主人公の夢が叶ったとしても、アニメで見て楽しめないなと思った。というわけで切る。

 

 

有頂天家族1期のBlu-ray BOXを買った! 見返しつつ並行して2期も楽しもう。