陽射しのいい部屋

した事と行ったとこ

青春、青春*平松禎史 アニメーション画集

f:id:bogmm:20170312231957j:image

先月届いたのですがようやくゆっくりと見ることができました、「平松禎史 アニメーション画集」。

 

はじめに「彼氏彼女の事情」のイラスト多数。

わたしが主人公たちの年齢になった頃には既に連載終了していて、リアルタイムで漫画やアニメを追いかけてはいなかったのですが、

原作の漫画を読んだのも、DVDを借りてアニメを見たのも自分が高校生のとき。

頭が良く美人で強い雪野に憧れました。

いちばん好きなエピソードは真秀と貴志さん(12歳差)の出会いを描いた「陽射しのいい部屋」で、このブログのタイトルはこれから貰いました。

そんなわけでわたしの青春。

 

あと思い入れが強いのは「フリクリ」。

伸びやかで、登場人物たちがどこまでも走って行きそうな勢いのある絵ですごいな、と思っていたけれど、誰が作画監督かは特に意識してなかった。見たことあるタッチだなあとは思ってたけど。キャラデザ貞本義行だなーと。

 

見ているだけで、わたしも動き出さなきゃという気分にさせてくれる絵です。

登場人物がみんな画面から飛び出してきそうだから。

それにしても、こうして画集にされるとなかなかの情報量です。また日を置いてゆっくり見なきゃ。