読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽射しのいい部屋

した事と行ったとこ

繁忙期女子!

派遣で働くのにいちばんに挙げた条件は「残業なし」、とは言え繁忙期の残業は織り込み済みで今の仕事に就いている。

今がまさに3月末から始まった繁忙期。17:00定時の10分前には帰り支度が終わっているのが常だったのに、月火水と気づけば18:00を回っている。

派遣先の部は本社部門には珍しく、営業や顧客との距離が近い業務をしておりとても重要な位置付けであると思うのですが、近くにいる他のグループから「女子校」と揶揄されるくらいお気楽な職場です。

前職がブラックとは言わないけどグレーであった身としては、繁忙期でこれならマジでお気楽だしそんな疲れる? そんな文句言う? と思ってしまうけど口には出さない。忙しいのが大嫌いな女子たちが恐いから。

夫に言ったら「お前みたいなのがいるからブラック企業がなくならないんだ!」って言われてしまった。いや、残業ゼロでよろしくって言ってんじゃん。

来週には繁忙期から脱しますように!

 

喧嘩の日

大学の某先輩曰く、”思っていることは言ってくれないと分からない”というのは正しいが、その考え方は甘えでもあるそうだ。

 

夫と喧嘩したとき、というか、わたしが彼に怒るとき理詰めにする癖があり話が長くなる。

そんなとき彼は「はい」「わかった」「ごめん」としか言わず、こちらから何度か聞かないと自分の気持ちを語ることはしないのだけど、この度の喧嘩ではじめて自分から口を開いたのだ。

 

怒ると「きみ」とか「あなた」と呼んでくるけど、それって、すごく距離を感じてしまう。

あー超怒ってるんだなっていうのは伝わるんだけど。

俺は怒ってるときだからこそ、意識して名前を呼ぶようにしてるよ。

 

って、言われて、涙がぽーろぽーろして、わたしは「ありがとう」と「ごめんなさい」しか言えなくなってしまった。

はじめから彼もわたしも悪くないのだ、考え方が違うのはそのままで良いと思っているし、ただちょっとした物事に関する認識のずれを修正したいだけで。それが冷静にできないことが問題なのだ。

もう少しで、結婚して1年になるけれど、まだままごとだ。

 

 

バーミヤン*火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題

2度目のプレミアムフライデーの夜は夫とバーミヤンで飲んでました。

 f:id:bogmm:20170331222407j:image

いつの間にか火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題を始めていたバーミヤン

寒いうちに火鍋が食べたい、という夫の希望で行ってきました。

スープは4種類の中から2つ選べるので、火鍋のスタンダードで白湯スープ・麻辣スープを選択。

白湯スープは煮詰めるとコクが増し、麻辣スープはしっかり辛い!

お酒はふたりで梅酒のデキャンタ!

〆は雑炊を白湯スープ、麺を麻辣スープへ!

別注文でデザートに杏仁豆腐!

 

とても楽しくおいしかった……! そして安い。

 

ちなみに店舗は、日本全国でトップクラスにサラリーマンの飲みに使われているであろう水天宮前店。

お店が2階にありカウンター席の前はガラスなので、外の景色がよく見えて解放感ありました。

ファミリーもいるにはいるけどサラリーマンの宴会だらけで、わたしの知ってる田舎のバーミヤンと全然違う。バーミヤンに限らずの話ですが、ファミレスはいつの間にこんなに飲み会に強くなったんだろう。

 

大家族主義

f:id:bogmm:20170329222814j:image

昨夜は夫もいっしょに、新宿でわたしの親戚との食事会でした。

母のいとこなので、近いけど遠い親戚。大家族主義なのでいろんな親戚と繋がりがあるのはうれしい。

 

新宿と池袋は、人が多過ぎるので用事さえなければなるべく行きたくない場所なんだけど、どちらもそこでないとダメな用事があるので結果的にちょくちょく行ってる。

歌舞伎町は恐くて行ったことないけど、新宿高島屋や御苑側は好き。

 

親戚と昔話をすると知らなかった事実がたくさん出てくる。本家のおばちゃんは67歳で脳梗塞とか、わたしのばあちゃんが外から嫁に来たときすごく綺麗な人が来た! と思ったよって言われたり、とかとか。

知らないことが多い理由はもうただ、わたしは親戚の中ではまだ「子ども」だから。

ばあちゃんが生きていたら多分聞かなかった話を、自分自身にほとんど縁のなかった東京で聞くのが不思議。結婚して東京にいる実感が未だに湧かないのはこういうことだろう。

 

 

食べ物の好き嫌いがほとんどないの

f:id:bogmm:20170327221000j:image

木曜夜は中高の友人Cと銀座のカフェでご飯。

右上のキノコと魚介(タコと貝柱)のアヒージョがきてから、キノコもタコも食べられないとCに言われ驚愕。何で頼むとき言わないの!? と聞くと、「自分の嫌いなもの全部避けて頼もうとするとほとんど選択肢なくなるし、注文のときに気を遣われるのが申し訳なくて嫌だ。わたしは嫌いな食材さえ食べなければどの料理がきても大丈夫だから気にしないで! 好きに食べよう!」とのこと。

以前もCが「海老とアボカドのグラタン食べたい!」と言ってきたから頼んだのに、料理がきてからアボカドが食べられないと言われ驚かされたことがある(キノコもそうだしアボカド嫌いなのに料理名にアボカドって入ってるメニュー頼む人いる?)。

わたしはCのこういうところが面白くて大好きなんだけど、嫌いな食材差っ引いて料理を半分分っけしてくるのが申し訳ないので、もう少し嫌いな食材の比率が低い料理を選んで欲しいと思っている。

 

金曜夜は会社の送別会。別れる人へこっそり買ったプレゼントは、この日はまだ渡さず。

 

土曜夜はドミノピザのLサイズと赤ワインで、夫と映画「ミンボーの女」を鑑賞。以前「マルサの女」を見たときも思ったけど、主人公の女優が役にハマってて最高だよ伊丹十三

 

f:id:bogmm:20170327223626j:image

日曜昼は中高の友人3人と、花見をしようと六本木に集まるも雨&未開花&寒波。ランチ会になりました。この日しか予定合わなかったから仕方ないのだ。

ここ数ヶ月食べたい欲を抱えていたエッグベネディクトが食べられたので悔いはない。

 

今日のお昼は、洋食続きに飽きてお味噌汁飲んだ。

 

今年は夫と桜見れるかなあ。まだ一度もいっしょに見たことない、桜とあなたの写真を撮りたい。