陽射しのいい部屋

主に旅行・お出かけの記録。ときどき食べ物屋さんのおすすめ。

岐阜へ夏の帰省2018

7/14~16の3連休で岐阜へ帰省したときの話です。

 

f:id:bogmm:20190109233357j:plain

息子、初めての新幹線。泣かずによくがんばった。

f:id:bogmm:20190320184057j:plain

キティちゃん饅頭買ってもらった。

多治見駅に降りたときめちゃくちゃ暑いと思っていたら、この日岐阜県多治見市は全国最高気温を記録しておりました。

f:id:bogmm:20190211164300j:plain

義父が五平餅を買ってきてくれていた。「半分、青い」で全国区になったからか、ちょっと値上げしていたとのこと。わらじ型が一般的だけど、わたしは団子状の方が食べやすくて好きだなー!

f:id:bogmm:20190310225507j:plain

息子、寝返りの練習中。あとは腕を抜くだけ。

f:id:bogmm:20190211165936j:plain

夜は毎年恒例のお庭でBBQ。何故肉を撮らなかったんだ。

f:id:bogmm:20190211170412j:plain

息子は火に近づけると危ないので、室内でベビーチェアに座らせて待ってもらいました。肩のベルトがなくて上半身が安定しないので、頭をタオルでがっちり固定。泣きはしなかったけど顔がキレてました。

 

f:id:bogmm:20190211162038j:plain

2日目、夫とふたりでうなぎを食べにお出かけ。息子は義母に預けました。

f:id:bogmm:20190211162418j:plain

関市のしげ吉、うなぎ丼の上! 上と特上はご飯の中にもうなぎが隠れてます。

超人気店のためこの日も大行列。猛暑の中1時間以上は待ったと思います。並んででも食べたいうなぎ、今年も無事食べられました。

 

f:id:bogmm:20190320182228j:plain

ひいじいじとひいばあばも来たよ~^^

息子は終始ご機嫌でニコニコしてたので良かった。

f:id:bogmm:20190320183805j:plain

夫と息子昼寝中。夫は出会った頃からどこででも寝られる人だった。

f:id:bogmm:20190320182533j:plain

夜はカニと鮎が出た。義父が好きなのでカニがよく出るのだけれど、わたしも夫もあんまり……でも鍋の〆のカニ雑炊は大好き。

 

3日目の朝息子は無事寝返りに成功。気づいたらうつ伏せになっており、寝返りの瞬間は見られず残念でした。

帰りの新幹線も泣かずによくがんばりました。

 

広島へ夏の帰省2018、お宮参りとお食い初め

明けましておめでとうございます。

少しづつ書き溜めていたのにもう去年のことになってしまった。

 

子どもが生まれてから4ヶ月弱、里帰りしていました。

里帰り期間が終わる少し前、息子が生後3か月の時に広島へ帰省した話と、松山でお宮参りとお食い初めをした話です。

 

6月10日、広島へ日帰りで帰省し、母方の親戚回りをしてきました。曇り空だったけれど日中はどうにか雨に合わず。

f:id:bogmm:20181116165741j:plain

朝6時台に車で出発して、パンステージメリーでモーニング。朝のオープン時はいつも人がいっぱい! パンを買うと無料でコーヒーがもらえます。

 

f:id:bogmm:20181116170621j:plain祖父方の本家を訪ねた後、祖母方の本家で昼食をいただきました。

赤ちゃんを見せに来ているので、ありがたくもその場にいない人の分まで言付けられみんな用意してくれている出産祝い。赤ちゃんが登場するとすっと出てくるご祝儀袋はまるでおひねりのようだった。みんなありがとう~また来るよ~!

 

6月末にお宮参りとお食い初め。岐阜から義両親を呼びました。

当日の息子の服装は、アカチャンホンポで買ったフォーマル着!

f:id:bogmm:20190105124810j:plain

お宮参りは、護國神社にて。朝9時ごろ集合して、初穂料を納め祈祷を受けました。

f:id:bogmm:20190105122158j:plain

予約なしの当日受付のため、日曜日だし混むかもしれないと思って早めの集合にしたけれど、わたしたち以外の家族はおらずゆっくりできました。

f:id:bogmm:20181217123242j:plain

誰が抱っこするか迷いましたが、義母が遠慮したのでわたしが抱っこしました。祈祷の間ちょっと泣いたり動いたりしたので、わたしが抱いてて良かった。

神社での集合写真は参拝に来た方に撮ってもらいました。もし二人目が生まれた時には、結婚式の前撮りをしてもらったカメラマンさんにお願いしようと思います。

 

お宮参りがわりと短時間で終わったので、一旦義両親はホテルに、わたしたちは家に戻り荷物の整理をしてから、お食い初め会場の大和屋本店へ。料亭の個室でくつろぎながら食べられました。

f:id:bogmm:20190105122113j:plain

お食い初め膳! 2,500円くらい。赤ちゃんに食べさせるのは年長者なのでわたしのじいちゃんになりますが、年で手が震えるので義父にやってもらいました。

まだ食べることを全く知らない息子は、どれを箸で運んでも口を開けなかったけれど、お米だけは食べそうになって焦った。

大人たちのコース料理は3,500円くらい。おいしかったです。

f:id:bogmm:20190105122918j:plain

f:id:bogmm:20190105122946j:plain

f:id:bogmm:20190105123015j:plain

f:id:bogmm:20190105123040j:plain

食事をすれば大和屋の温泉も利用できるので、息子を母に預けてみんなで入ってきました。義母とふたりで温泉はちょっと緊張した……。

道後のお湯は気持ち良いし大和屋のお風呂はきれいでゆっくりできる! 温泉に入れるという点で、ここでの食事にして良かったなーと思います。ただ、お食い初め膳の中身の説明が一切なく、聞いても答えてもらえなかったのが残念でした。どこも料理は用意してくれるけど説明はしない感じなのかな? それはともかく楽しい時間を過ごせました。

 

お風呂から上がってロビーに行くと、疲れた息子は寝ていました。

f:id:bogmm:20190105124715j:plain

ほとんど泣かずによく頑張りました。

 

 

子どもが生まれて始めた習慣

去年の8月頭に妊娠が判明、年末に退職、1月末から実家に里帰り、予定日は3月末だったけれど、いろいろあって早めに誘発分娩して、3月頭に無事息子を出産しました!

2,400gで生まれギリギリNICU行きにはならず、生後7ヶ月の現在は発育曲線の真ん中辺りまで追いついたので、とりあえず安心というところです。以上、妊娠から出産、現在までのダイジェストでした。

6月末に東京の家へ戻り、夫と息子とわたしの3人生活が始まりました。

夫婦二人だけのときとは違い、もちろん赤ちゃん中心の生活。 赤ちゃんと自分のために始めた毎日の習慣・取り組みをまとめておきます。

 

授乳・おむつ替えの時間をアプリで記録

産後退院してすぐ「育児ノート」というアプリを使い始めました。iOS・アンドロイド版両方あり。

育児ノート - 子育て

育児ノート - 子育て

  • Nighp Software LLC
  • メディカル
  • 無料

授乳のタイミングやミルクの量をコントロールするタイプのママには、こういう記録アプリは欠かせない。

・トップページですぐ前回の授乳から何時間経ったか見られる

・操作が簡単

・夫婦で共有(それぞれが記録して同期)できる

・記録を紙で印刷できる

以上の点が個人的にはgood!

使い始めた当初の目的は、わたしが何時に授乳して何回おむつを替えたか、東京にいる夫に見せるためでした。要は、育児がどれだけ大変か見てくれ! という主張です。

里帰り期間が約4ヶ月と長かったため、夫も赤ちゃんの様子を知りたい、が、睡眠不足でテレビ電話とかする元気がわたしにない……という状況でこのアプリを同期して確認してもらってました。

今では夫もおむつ替え・ミルクを飲ませる・体温を測る、というタイミングで記録してます。

 

ボイスメモで育児日記

生まれてから現在に至るまで毎日、音声入力を使ってiPhoneのメモに育児日記をつけています。

授乳していて動けない時間を使って、iPhoneに向かってずっとしゃべってます。これなら忙しくても日記がつけられて本当に便利。

特に形式とか決めずこんな感じ↓

f:id:bogmm:20180807170814p:image

子どもの忘れたくない瞬間が多すぎて、できるだけ記録して残しておきたいけど手で書くのも打つのも大変、どうすれば……と夫に相談したところ、「勝間和代が多用してるボイスメモ使えば?」という謎の勧めを受け始めました。変換間違いは多い気がするけど、全部フリック入力する手間を考えると少々直すくらい楽なものです。

これを将来はアルバムみたいに紙でぱらぱら見返したいので、時間があるときに少しずつ印刷してファイリングしています。

この日記をつけるうえで気をつけているのは、なるべく主観を入れずあったことをそのまま記録すること。

×「病院で全く泣かず、良い子だった」→○「病院で全く泣かず、おとなしくしていた」

というように直します。「良い子だったなー」と思ったのは事実で、思わず書いてしまったりするのですが、泣いてしまう子どもは良い子じゃないのか? と考えてしまう……なので「良い子」というワードは一切使わないようにしています。どうしても気持ちがあふれて「天使みたいだった」「天才かと思った」とか書いちゃうんだけどね。

 

子どものフォトアルバム作り

一眼レフ・デジカメで撮った子どもの写真をまとめるのに、しまうまプリントのフォトブックを注文しています。

www.n-pri.jp

赤ちゃんって、月齢のうちはどんどん顔が変わる。離れて暮らす両親・義両親にも赤ちゃんの成長、特に顔の変化を見てもらおうと思い、毎月送っています。みんないつも楽しみにしてくれているようでうれしい。

他の同価格帯のネットプリントサービスと比較して、安いわりにそこそこ良い感じに印刷してくれると思います。テンプレートが多いのも魅力。品質だけ求めればもっときれいなアルバムにしてくれるところはあるけれど、毎月3冊注文して送料もそれぞれかかるので、なるべく安いところで選びました。

ちなみにうちはA5スクエアサイズ36ページで298円、ゆうメールで送料90円です。安い!

 

イトーヨーカドーネットスーパーの利用

体力ないので、赤ちゃん連れて買い物は無理……ということで登録しました。週一くらいで利用しています。

こちらを選んだ決め手は、母子手帳の提示で4年間は配達料金が100円になること。

www.iy-net.jp

配達時間は2時間刻みで選択できるのですが、例えば14~16時なら14時過ぎには来るので助かっています。

週半ばで足りなくなったものは、たいてい夫が仕事帰りに買ってくれて、わたしも散歩ついでにちょっと買ったりしています。

その他変わったこと

●小遣い帳をつけ始めた

我が家は夫が財布を握り家計簿をつけているので、専業主婦になったわたしはお小遣い生活になりました(仕事をしていたときは、決まった金額を渡してあとは自由)。

家のお金のことは夫に任せきりで、自分のお金の管理さえもなあなあになっていましたが、決して多くはないお小遣い、節約しないといけないと思い、「Zaim」という家計簿アプリで管理することに。

zaim.net

単にお小遣いの支出と収入を記録できたら良いのでオーバースペックなのですが、振替機能が気に入って使っています。毎月決まった金額が引き落とされる項目、積み立てしたい項目があるので、毎月頭の繰り返し設定をして楽に記録・管理できています。

いただいた出産祝いもこれに記録しています。ありがたや……。

 

●ママ友ができた

正直なところ全くママ友を作る気がなかったのですが、児童館に身体測定に行ったとき、同じ月齢の赤ちゃんのグループがあると誘われたのをきっかけに。LINEグループにも入り、月1回くらいの頻度で地区センターの和室を借りて集まったり、ランチ会をゲリラ開催したり。

赤ちゃん向けのイベントの情報を教えてもらえたり、心配事や愚痴を言う場所ができたことはやっぱり良かったです。住んでいる区が同じなので生活レベルや金銭感覚があまり変わらないのが助かる。しかし、LINEグループが10人を超えてきて、ついに違う区のママも入ってきたので、ちょっぴり疲れてきた。無理しない程度に楽しもうと思います。

 

●食生活

まだまだ授乳中なので、妊娠前とは食生活を少し変えました。妊娠中は食べたいものを食べていたので、今ほど気を付けてなかったな……。

大好きなコーヒーはカフェインレス、モーニングコーヒーは牛乳に変えて、意識的に肉と魚を摂るようにしています。夜はお米を食べないようにしていたけれど、今は絶対に食べる。母乳の素だと思って。実際いくら食べても全然太りません。

もちろんお酒は妊娠中から絶っていましたが、夜間授乳をやめてからときどき夜に1杯だけ飲むようになりました。

 

スマホゲームをやめた

やめました。スマホゲームを始めたきっかけは、妊娠中につわりで動けず(切迫気味だったので産婦人科からも動くなと言われていた)、布団の中でじっとしているのにスマホゲームが最適だったから。それからつわりが終わってもずるずる続けていました。

何かの番組で高嶋ちさ子が、仕事から帰宅して子どもを見ずにスマホゲームをする芸人夫を批判し、「うちは子どもが生まれてから、趣味は子ども」と言っているのを聞いて、あ、スマホゲーム消そう、と。生む数日前にゲームのアプリは全部消しました。スマホゲームの何がダメかって、キリの良い止めどころがなかなか来なくて、ほんの少しだけと思っても気付けばかなりの時間を食っているところ。

 

今のわたしの趣味は子ども、とは思っていませんが、日々ちょっとずつスマホゲームに消費される時間を子供に向けられるので良かったと思っています。

息抜きは、ちょっとずつ書いているこのブログとか、休日に夫に子どもを預けて映画を見に行ったりとか、子ども連れで一週間ほど帰省するとか。まさに今帰省中で、こうしてブログ更新できました。

なるべくストレスを溜めずに、子どもには笑顔を向けることを一番に、成長の瞬間を見逃さないように、3人暮らしを楽しんでいけたらいいなと思っています。

【愛媛】地元民のおすすめレストラン*松山市繁華街まとめ

f:id:bogmm:20180618222822j:image

前々から地元愛媛のおすすめの食べ物屋さんをまとめようと思っていたのですが、そうこうしているうちに遂にミシュランガイド愛媛版が発売されました。

特に松山市の中心街は食べ物屋さんが集中していてレベルが高いと思っていたけれど、愛媛にはこんなにたくさん良いお店があったのかとミシュランガイドを読んでびっくり。

ここでは価格帯のあまり高くないお店がほとんどにはなりますが、わたしのおすすめをジャンル別にまとめておこうと思います。

一応おすすめと言うからには、3回以上行ったことがあるのを条件に絞りました(1~2回の再訪したいお店もメモで残しておきます)。

 

エリア:松山市駅(湊町)〜銀天街・大街道(千舟町、一番町、二番町、三番町)

    〜ロープウェイ街付近

上記のエリアについてはこちらに詳しく記載あり↓

お城下まち歩き-四国瀬戸内松山|松山市公式観光HP

松山市の繁華街 - Wikipedia

注意:地元民にとっては有名なお店が多め(東京在住で新店が追えていないため)

   お店によってはマイナスポイントも記載

   年単位で再訪していないお店もあり、最新情報ではない場合も(随時更新)

   あくまで個人の好みです。基本的にはコスパが良いことが評価点。

 

ジャンル別目次

 

 

寿司

江戸前 一朗

【場所】二番町

【店内】カウンターは一枚板の立派なテーブル。テーブル席もあり。

【おすすめポイント】ランチのセット内容が超充実(公式HPに昼の膳の内容掲載あり)。千円台は安い。予約すると甘味が付いてきて、これもしっかり作られていて食べごたえがあるので、せっかくなら予約がおすすめ。

【メモ】夜は予算を伝えておすすめを出してもらってた。だいたい8,000~10,000円だったかと。料理が繊細で見た目にも楽しいです。この頃は専らランチで夜は数年行っていないのですが。ここは高級感がありながら、厨房の雰囲気が明るく店員さんがみんな気さくなので、居心地が良いところがお気に入り。

 

【再訪メモ】鮨の間:松山の繁華街の中で、寿司だけならここがいちばんおいしいかも。ミシュラン2つ星獲得。

 

焼き鳥

鶏ひげ

【場所】二番町
【店内】少し高級感のある焼き鳥屋さん。入口にカウンター、奥に座敷。常に混んでいるので要予約。
【おすすめポイント】どの焼き鳥メニューもおいしい。つくね必食。繁華街の焼き鳥屋の中では落ち着いた雰囲気。
【メモ】場所柄か同伴多し。いつもわたしは母と二人で、平日の18時過ぎくらいに飛び込みで行ってカウンターに座るけれど、その後すぐに満席になります。

 

イタリアン

イル・ベヴィトーレ(IL BEVITORE)

【場所】千舟町

【店内】中央のキッチンから全体が見渡せるくらいの小さめなお店。小学生以下は入店不可。

【おすすめポイント】ランチもディナーもおすすめ。どの料理も安くてボリュームがあっておいしい。ディナーのおすすめはボリュームたっぷりの肉料理。パスタもレベルが高いし量はしっかり。店員さんの料理の説明がしっかりしており対応も素早い。

【メモ】街中でいちばん好きなイタリアン。ランチもディナーも予約でいっぱいのことが多いので要予約。

ランチは前菜・パスタ・フォカッチャで900円台のセットを食べたことがありますが、前菜が豪華11種類。東京なら前菜だけで1,000円するレベルなので、このランチ価格は驚異的。ピザはメニューになし。

 

クロッキオ (crocchio)

【場所】三番町

【店内】小さいお店でほとんどカウンター席。4人くらいで行くなら奥にテーブル席あり。松山には珍しくテラス席があるので、わんこ連れでも来られる。

【おすすめポイント】何を食べてもおいしい。マスカルポーネチーズのはちみつがけ、トリッパは必ず頼みます。イタリアンでも意外とメニューになかったりするトリッパが食べられる貴重なお店。二人でも4~5品は食べられるが物によって量はちょっと多め。

【メモ】ディナーのみの営業で遅い時間が特に混んでいて、2次会で使いやすいお店かと思いきやこの頃は夕飯時にも混んでいる。ふらっと立ち寄るイメージのお店だったけれど、人気が上がっているので予約していった方が良さそう。

キッチンには1~2人なので、混んでいると料理の提供が遅い時もある。

 

シシリア (Sicilia)

【場所】二番町

【店内】小さいお店だけど席数は多め。ランチ時混雑しているけど回転は良い。

【おすすめポイント】スパゲティのバジリコは必食。ランチでスパゲティしか食べていないのでそれしかおすすめできないけど、スパゲティはどれも間違いなくおいしい。

【メモ】ランチだけ訪問歴あり。メニュー内の料理に+200円でサラダとドリンクが付けられる。サラダは量が多めだしドレッシングもおいしいので付けるべし。

老舗で幅広い年代の人たちに愛されるお店。壁には有名人のサインがいっぱい。

 

タベルナ ラ・セーラ(Taveruna La・SERa)

【場所】千舟町

【店内】広くて席数は多いけれど、12時の開店と同時に入らないと2時間くらいは待つ。

【おすすめポイント】ラザニアが有名。出てきたときチーズたっぷりのビジュアルに感動します。あとパンがふわふわで超おいしい。

【メモ】ランチだけ訪問歴あり。毎回ラザニアハーフ・パン・サラダのセット。ハーフでもなかなかのボリュームで、女性ならお腹いっぱいになると思う。

開店前に並んでも前の方じゃないと料理が出てくるまで1時間くらい待つ。ほとんどの人がラザニアを頼むので焼くのに時間がかかります。すぐに食べたければ開店10分前の11時50分には並ぶべし(松山市民は並ぶのが嫌いなので、開店30分前に行っても誰もいません)。

 

でゅえっと

【場所】松山市駅前

【店内】2階席まであって席数は多い。席の間隔は狭い。ランチ時はかなり混んでて並ぶことも多いけれど、回転が良いので割とすぐ入れる。

【おすすめポイント】ミートソースのスパゲティが有名。松山のソウルフードといえばこれがいちばんに浮かぶ。普通サイズと(小)があるけど、(小)でも盛り盛りなのではじめて食べるならこちらがおすすめ。

【メモ】料理は基本大盛りだけどワンオーダー制(小学生以下とお年寄りは対象外)。ランチの時間帯、スパゲティはミートソース以外注文不可(2018年2月時点)。

ミートソースは独特の甘さで、甘い味付けが好きな松山市民の舌によく合っていてみんな大好き、と個人的には思ってます(岐阜出身で名古屋文化の夫には不評)。太めのスパゲティは炒めてあって香ばしいです。

母曰くミートソース以外のスパゲティもおいしいとのこと。(小)サイズがあるのはミートソースのみ。普通サイズは男性でも苦しむくらいなかなかの大盛り。

 

【再訪メモ】フォルトゥーナ(Fortuna):キッシュピザが名物。店長さんのご結婚を機に改装され、以前よりスタイリッシュなお店に。インスタいつも見てます、またワイン飲めるようになったら行きたい。

 

スペイン料理

バソデオロ(Vaso de oro)

【場所】一番町

【店内】気軽な雰囲気のこぢんまりとしたスペインバル。

【おすすめポイント】松山では数少ないスペイン料理店のひとつ。いくつか食べに行ったけれどその中で料理がいちばんおいしく、しかも安い。パエリア必食。

【メモ】5年くらい行っていないので今はどうなっているか分からないけれど、ウエイターが大学生バイトなのかな? というくらいのド素人だった(ワインの説明がひとつもできない等々)。

 

【再訪メモ】ズッケロ(zucchero):大街道から千舟町に移転。移転前はお気に入りで何度も行っていたけれど、移転後一度も行けていないのでとりあえずメモ。

 

ラーメン

辛麺屋 枡元

松山店

【場所】二番町
【店内】狭い。カウンターと、奥にお座敷あり。
【おすすめポイント】看板メニューの辛麺は、通常は韓国麺だけどラーメンぽさを求めるならうどんに変更がおすすめ。サイドメニューの水ギョウザ、レバニラ、ナンコツは他にはないおいしさなので必食。
【メモ】辛いのが苦手なわたしでも辛麺3辛までは余裕でいけた。見た目より辛くない。

 

焼肉

焼肉ハウス自由軒

【場所】二番町
【店内】大きいテーブルの座敷がほとんど。入口にカウンター席が少し。雰囲気は気軽な感じで地元民向け。
【おすすめポイント】お肉がしっかりおいしくてリーズナブル。おいしい焼肉屋は他にもあるけれど、街中でいちばんコスパが良いと思う。カルビクッパおすすめ。
【メモ】休日は家族連れが多い。高級感はないけれど見かけ倒しの焼肉屋より味のレベルは高い。

 

鍋・居酒屋・ダイニングバー

笠組 アイアングリル

【場所】二番町
【店内】鉄板焼きのお店。1階はカウンター、2階は座敷。
【おすすめポイント】鉄板焼きなのでお肉メニューはもちろんおいしいけれど、その日のおすすめメニューにお魚があったら頼むべし。人気メニューのウニクレソンは必食。
【メモ】近くに「笠組本店」という魚介料理が強い居酒屋もあります。笠組グループのお店はおいしいので全部おすすめ。

 

炉端のがいや オクザシキ

海鮮居酒屋 がいや 宇和島店(こちらが本店)

【場所】ロープウェイ街(歩行町)
【店内】カウンター、テーブル、奥に座敷席たくさん。個室もあり。席数は多いけど週末は満席なので要予約。
【おすすめポイント】リーズナブルな魚料理が食べられる居酒屋。どれを頼んでも安いのにクオリティが高い。さわらの西京焼きは弟が「美味い!」と飛び上がった。
【メモ】最近いちばんよく使う居酒屋。魚料理がピカイチだけど値段が安く(ただし宇和島店よりは少し上の価格設定)、観光客・県外の人に喜ばれそうなお店。

 

ノギス(NOGISU)

【場所】ロープウェイ街(歩行町)
【店内】ダイニングバー。ビルの2階と3階。テーブル席は間隔をゆったり取っていて居心地が良い。席数は少ないので要予約。工具を飾った特徴的な内装は東温市で人気の「ネジマキカフェ」を手掛けたBOLTさんによるもの。
【おすすめポイント】料理のレベルが高いおしゃれダイニングバー。ランチも一度行ったけれど、ここはお酒とお酒に合う料理がおいしいのでディナーの方がおすすめ。内装を見ているだけで楽しめるし雰囲気も良い。
【メモ】キッチンが一人で提供がゆっくりめなので時間には余裕を持って。

 

元祖もつ鍋 博多屋 本店

【場所】一番町
【店内】2階席まであって席数は多い。個室あり。常に混んでいるので要予約。
【おすすめポイント】松山でもつ鍋といえばここ。万人受けする食べやすい味だと思う。人気メニューのにわか焼きは必食。
【メモ】本店がいっぱいの場合は近くに別邸もあり。

 

夢の家ハナレ(夢の家HANARE)

【場所】三番町
【店内】賑やかでフレンドリーな雰囲気の居酒屋。入口にカウンター、奥に座敷。
【おすすめポイント】料理がどれも安くておいしい。お客さんも店員さんも年齢層が若く、明るい接客でサービスはパーフェクト。誕生日のお祝い等サプライズをお願いしやすい。
【メモ】株式会社夢とありがとうが経営する居酒屋のひとつ。このグループのお店は全部、安くて味良し接客良しで外れがない。店員さんとの会話を楽しみたい人にはおすすめのお店。カウンターはいつも常連客でいっぱい。

 夢の家 本店」の方はお客さんの年齢がもう少し高いらしい。

 

カフェ・喫茶店・スイーツ

CAFE BC

【場所】大街道(三番町通り)
【店内】3階席まであるカフェ。1階は喫煙可。お客さんは多いがカフェの割に回転が良いので、基本的に待つことはない。雰囲気は落ち着いている。
【おすすめポイント】値段・味・雰囲気・客層・混んでない(並ばない)といったトータル評価でマイベストカフェ。ここを超えるカフェに出会ったことがない。コーヒーとケーキが超おいしい。東京にあったら常にお客さんでごった返しているに違いないので松山で本当に良かった。コーヒーをいろんなカップ&ソーサーで出してくれるので、いつも違うカップが楽しめる。
【メモ】1階の階段前に雑誌が置いてある。遅い時間だとケーキが売り切れていることがある。コーヒーにうるさい夫は、松山でコーヒーを飲むときはここのしか飲まない。夫はケーキも好きじゃないけどここのだけは松山に来るたびに食べている。

 

クレープカフェ ココ(crepe cafe Coco)

【場所】湊町
【店内】基本テイクアウトだけどイートインもできる。目の前に公園もあるのでそこのベンチで食べるのもあり。
【おすすめポイント】クレープ生地が薄くてパリパリでレベルが高い。クレープの見た目は派手ではないけれど、味は超おいしい。
【メモ】街中で唯一のクレープ屋さんにして味は一流。並んでいることが多いので少し待ち時間は長いかも。

 

フライング・スコッツマン 大街道店(FLYING SCOTSMAN)

【場所】大街道
【店内】ほぼ全席が半個室の喫茶店。電車の座席のような内装。商店街の通り沿いにガラス張りのカウンター席。
【おすすめポイント】分厚いホットケーキは見た目も良いし味もおいしい。松山はパンケーキ・ホットケーキが貧困だけど、ここのホットケーキの味は誰にでもおすすめできる。
【メモ】場所が大街道の入口に近く待ち合わせに使いやすいためか、常に混んでいる。いつの間にか東京に進出して秋葉原店ができて、何故かそこだけ公式HPがある。→

フライング・スコッツマン秋葉原店 Official Site |ふわふわしっかり系ホットケーキ

 

mori cafe

【場所】湊町
【店内】かわいい雰囲気の小さめなカフェ。テーブル席と、奥にカウンター席。
【おすすめポイント】おかずを好きに組み合わせられる、本日のごはんのセットがおすすめ。おかずの種類が豊富で何度来ても飽きないし、味もおいしい。
【メモ】ほとんど女性客のみで、おひとり様もよく見かける。わたしは専らご飯を食べにひとりで行っていたが、もちろんカフェとしてスイーツのレベルも高い。

 

yakigashi KANJIRUSHI

【場所】湊町
【店内】ビルの3階。テイクアウトが中心。イートインはできるが1~2人の客のみ(3人以上不可)。
【おすすめポイント】マフィンとスコーンが秀逸。飲み物のおすすめはホット/アイスコーヒー、ホットジンジャーティー

イートインは席数がかなり少ないし人数制限もあるので難易度高めなのですが、マフィンとスコーンがいちばんおいしい状態で提供されるし、飲み物もとてもおいしいので、断然イートインを推す(でも年々席数が減っているので多分お店側はテイクアウト推しか、静かな雰囲気を保って欲しいのだと思う。お店のご夫婦は気難しさとか全くなく、とても優しい方たちです)。
【メモ】ビルの外に一応看板はあるけれど、年月が経つごとにどんどん「KANJIRUSHI」の文字が小さくなっていき、かなり見つけにくい。2月に久しぶりに訪問したら、スコーンの味が変わっていた。以前のドーム型のスコーンの方が食感が好きだったので少し残念。そして店内の写真撮影NGの看板ができていた。何があったんだ……。

 

リコスイーツ(Rico sweets & supply CO.)

【場所】ロープウェイ街
【店内】ケーキやフランス菓子のカフェ。大きめのテーブル席がいくつか。基本おもての扉が開いているので開放的な雰囲気。
【おすすめポイント】ケーキだけなら松山市内でいちばんおいしいと思う。上品な味で丁寧に作られているのがよく分かる。値段も300円台後半が中心で安い。
【メモ】常にお客さんはいるが土曜日のおやつ時に訪問してもあっさり座れるので、回転が良いのだと思う。

元はスイーツ工場のみで、まだ店舗を構えていなかった時分に誕生日ケーキをオーダーしたことがあり、期待以上のフルーツぎっしりずっしりケーキを作ってもらいました。ホールケーキのメニューがないので、希望を伝えて自分の好きなケーキにしてもらえます。

 

【再訪メモ】ライラックデイズカフェ(LILAC DAYS CAFE):多国籍料理を提供するカジュアルな雰囲気の小さなカフェ。日替わりカレーランチおいしかった。

 

バー

アルコホール・アディクト(Alc,hall addict)

【場所】三番町
【店内】手前にテーブル席、奥にカウンター。大人数でも入りやすい。
【おすすめポイント】チャージなし。お酒がほとんど千円しないのでリーズナブル。ホットコーヒーを豆から挽いて作ってくれるので、食後のコーヒーを飲みに行くのにも使える希少なバー(コーヒーだけのオーダーでもOK)。フードはピザがおいしい。
【メモ】二次会で最もよく訪問しているお店。コーヒーが飲めるしデザート感覚のカクテルもあるので、まだ飲みたい気分のときでもそうじゃないときでも行き易い。

すぐ座れるし提供も早いけど、賑わっていることが多い。バーに慣れていない人でも入りやすい雰囲気。

 

トラッシュ(TRASH)

【場所】二番町
【店内】地下にある小さなバー。ボックス席とカウンターで狭い割に席数はあり、団体も入りやすい。
【おすすめポイント】チャージなし。ミックスピザがとてもおいしい。マスターの趣味なのかおもちゃだらけの内装が見ていて面白い。
【メモ】マスターひとりだけどよく団体が入るので、ときどき注文を待つ(大学生の団体もよく来て、かなり賑やかになることもある)。不定休なので、行こうと思ったとき閉まっていることがしばしば。

 

以上。随時更新していきます。

こちらのまとめ更新しました。八丁堀のロダンを追加と、新川デリーで追記あり

tomatoroom.hatenablog.com

 

ホワイトデー2018

3月は嵐のような日々で、わたしは少しの間入院してたりしてたのですが、夫が病室にチョコレートを持ってきてくれました。

f:id:bogmm:20180515172545j:plain

パスカルカフェのプラリネショコラ。自分ではプラリネショコラを選んで買うことはないので新鮮でした。

でもチョコはおまけで、ホワイトデーのプレゼントとしては3月になる前にハリスツイードの手袋をもらっていたのでした。

f:id:bogmm:20180515172758j:plain

自分で買ったハリスツイードの手袋の片方を通勤の際に駅か電車で失くしてしまい、もう一度買うのも悔しいので何かのタイミングでプレゼントとして欲しいと夫にリクエストしていたのです。人に貰ったものだし今度こそ失くさない。

 

バレンタインデーにじいちゃんにも一六(松山の製菓メーカー)のお菓子をあげていたので、お返しをもらいました。

f:id:bogmm:20180518102827j:plain

モロゾフのチョコレート! おしゃれな板チョコよりこういうかわいいチョコレートの方が好き。

3月はとにかくバタバタで本当にしんどかったので、夫やじいちゃんがくれたチョコレートに助けられました。今はもう元気です。